短時間勤務を認めている仕事。

女性は、結婚して出産して子どもが生まれてからも仕事をしたいと思っている人も多いと思いますが、保育園などの子どもの預け先の確保や、希望する条件の勤務先が見つからずに苦労することが多いです。しかし、最近では女性も仕事ができるように支援していこうという考えが広まっています。企業によっては、勤務する時間を通常の時間よりも短縮して子育てに支障が出ないようにしている企業もあります。短時間勤務にすれば、保育園に預けられずに幼稚園に通っている子どもがいる母親でも、終わる時間までに勤務を終了させて働き続けることが可能になっています。

休暇が取りやすい仕事。

子育てをする女性は、子どもの都合に合わせて勤務日を決める必要があります。土日祝日など子どもの学校や幼稚園や保育園が休みの日に合わせて休日が決められている企業ならいいのですが、必ずしもすべての企業がそうとは限りません。その場合は、就職する際に企業の担当者と子どもの休みに合わせて自分も休暇を取ることができるかどうかを確認する必要があります。また、通常勤務日と決められている日でも、子どもの都合で休まなければならない日もあると思います。そのような場合は事前に申請すれば休暇がとれるのか、急な場合でも休暇がとれるのか確認する必要があります。

勤務地が自宅などから近い仕事。

いくら勤務時間や休暇がとりやすい、好条件な仕事であっても、勤務地が遠いところであれば通勤するのも大変です。勤務地は自宅の近くか、子どもが通っている幼稚園や保育園や学童保育などの近くにするのがいいと思います。また、特に正社員として働いている場合ならば転勤をする可能性もあります。就職する際に、転勤の可能性があるかということや、あったとしてもそれほど遠くないところにしてもらえるかどうかを尋ねる必要があります。

シングルマザーの仕事は何を優先するかによって職種も変わってきます。子供のいきなりの病気に対応できるかなど収入だけでなく他の条件もしっかり確認する事が大切です。

子育てと仕事を両立させやすい仕事について。

Post navigation