美容院の託児ルーム。

保育士といえば国家資格であり、資格を生かして働けるところといえば真っ先に保育園が挙げられると思いますが、実は保育園以外でも保育士の有資格者を募集している職場は多数あります。近年は、子育てをするママたちを少しでも援助しようと、民間の企業もさまざまな取り組みをしています。その中で美容院は、子育て中のママたちのために独自に託児ルームを併設しているところもあります。そのような美容院では、保育士の有資格者を募集しているところが多いです。

ベビーシッターの仕事。

ベビーシッターとは、依頼者から個別に子どもを預かって世話をする職業です。ベビーシッターには今のところ特別な資格を必要とはしていませんが、仕事をするにあたって保育士の有資格者である方が採用されやすくなりますし、仕事の依頼も増えると思われます。ベビーシッターは1対1で、または兄弟姉妹など少人数の子どもの世話をすることがほとんどなので、保育園とはまた違って、つきっきりで子どもの保育ができるというメリットがあります。

児童養護施設や乳児院での仕事。

児童養護施設や乳児院とは、さまざまな事情により、親と一緒に生活できない子どもたちが住む施設のことです。そこの職員になるためにはさまざまな条件がありますが、保育士の有資格者であることが条件の一つになっています。児童養護施設や乳児院は、そこに子どもたちが住んでいるので、夜勤業務もあります。保育士の資格があれば、保育園以外にも働ける仕事はたくさんあるので、自分に合った仕事を探せば、楽しく長く働くことができると思います。

保育士の求人は通常のサイトだけでなく市町村の出す紙媒体の求人からも得られるので、より自分に合った条件を探したい人には役所の求人情報のチェックもオススメです。

保育園以外で保育士の求人がある職場について。

Post navigation